70歳以上の消費者金融での年金借入ってあり?

ちょっと、聞いて!私の74歳のお祖父ちゃんが「消費者金融でおカネ借り入れしたら、何とか家を立て直せるかなぁー。」なんて冗談を言っていたんだけど、どうやら冗談も満更ではないみたい。話を聞いていると銀行での借りれも何だか難しいらしいの。やっぱり年齢がなのかなぁ。健康そのものなんだけど。でもお祖母ちゃんがまだ60歳過ぎたぐらいで若いでしょ。どうしても建て替えしたいらしい。
(⇒年金を利用した融資を受けるなら

消費者金融よりもっとお得な「高齢者返済特例制度」があります

これって誰もが抱える問題かもしれません。確かに銀行での融資は難しいでしょうね。冷たく聞こえるかもしれませんが、やはり年齢に比例して万が一ご病気や事故で返済が出来なくなった場合、銀行側も先の対応に困ってしまいますよね。銀行としては万が一の事態で回収できないというシナリオは絶対避けたいというのが本音です。

消費者金融も同じ理由ですし、融資の年齢制限もはっきりホームページにも書かれているんです。しかも、銀行よりも金利が高いですよね。ですから消費者金融には、住宅ローンでも借り入れできますから年齢が若くでバリバリな人には良いでしょう。信用金庫によっては、高齢者向けの融資というのがあります。低金利です。ただ高齢者とはいっても60~65歳と幅に制限があって、実はこの年齢層って消費者金融でも業者によっては借り入れができる年齢層ですね。

では65歳以上ということになると金融業者を頼るより、公的制度「高齢者向け返済特例制度」を活用するといいですね。実は私の母もこれを検討しているんです。返済が利息払いで月々2万弱での返済。限度額は1,000万円。詳しいことは、それぞれ個人に応じて違うので資料を取り寄せて後に、詳しい説明を受けたり相談カウンセリングを受けるといいかもしれません。万が一、借り入れた方がお亡くなりになった場合に相続人が元金の一括返済をしたり、抵当の土地・建物の処分によって完済するなどの方法が取られるようです。

私の母も言っていましたが、この融資を受けるにはやっぱり家族会議をしっかりした上で借りなきゃねということを言っていました。ぜひこれを勧めてみてはどうでしょうか。

消費者金融は70歳以上や年金生活者でも申し込めるの?

消費者金融の申し込みには、年齢制限があります。ですから、高齢者が消費者金融を利用しようとしたら、年齢制限をチェックしなければいけません。また、無職の高齢者の場合には、年金生活者でも申し込めるかもチェックする必要があります。高齢者が申し込むときには、金利や審査といったポイントをチェックする前に、まずは年齢制限と年金収入だけで申し込めるか確認してください。

消費者金融の年齢制限は、業者によって異なります。基本的には60歳か65歳が上限になっているところが多く、緩くても69歳までです。なので、70歳以上の高齢者の場合には、ほとんどの業者では申し込みすることはできません。しかし70歳以上でも申し込める業者は、数は少ないですが一部にはあります。70歳以上の人がお金を借りたいなら、そうした業者を見つけましょう。

しかし、たとえ年齢制限に引っかからなかったとしても、利用できる期間は短くなります。なぜなら、消費者金融の年齢制限は、申し込みを制限する年齢ではなく、新規借入を制限する年齢だからです。つまり、年齢制限にギリギリ引っかからなかったとしても、その年齢に達すると新たにお金を借りることはできません。申し込む前には、そのことについて自覚しておいてください。

年齢制限は、ホームページなどを確認すればすぐ調べられます。しかし、無職の年金生活者でも申し込めるのかということは、ホームページなどには書かれていないこともあります。もしホームページなどで確認できないときは、消費者金融に問い合わせてください。電話やメール、窓口など、申し込みの前に確認しておくことが大切です。

年金という一定の収入がある高齢者でも、いつお金が必要になるかわかりません。そんなときは、お金を借りて凌ぐのも一つの手でしょう。70歳以上や無職の年金生活者だと厳しいと考えがちですが、最後の手段として利用できる可能性があることも、覚えておいてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.