消費者金融は年金でも担保にできるのか

キャッシングベスト3

年金でも担保にして消費者金融は借り入れ可能なのか

年金暮らしをしている人で十分な年金をもらえています、という人はどのくらいいるものなのでしょうか。あまりそれだけのお金をもらっていますという人は見たことないんですけれども、今は年金でも消費者金融やローンを組んでいる人もいるというように聞いています。

大手の消費者金融などを見ていると年金でも担保にして借り入れをする、というようなものは見たことがありません。今は消費者金融もそういった担保をとった商品というのを作っていたりするのですか?

年金でも担保に入れることはでき、借り入れできる業者も

大手の消費者金融には確かにそういった年金や給料を担保にして、借り入れをするというようなところはほとんどありません。そういう商品自体、つくろうという気がないのだと思いますが、中小の業者や小さい消費者金融、信用金庫などではそういったものもあったりすると言われています。ですので借り入れをすること自体は可能です。

例えば年金を担保にする、ということは特にこれといった消費者金融との違いを感じないという人もいるでしょう。しかし担保に組み入れるということは最終的に返済ができなくなった場合に担保を差し押さえるということになります。年金でも担保にできるということは、先に返済を年金から行うことになるわけです。

そうなると生活なども結局はできなくなってしまうので、ちゃんと返済をして差し押さえをされないようにしなければならない、というわけです。生活のお金が足りないから、年金だけではなく消費者金融も使おうとしているわけですから、年金を差し押さえられてしまえばそれこそ破産をして生活保護ということになってしまうでしょう。(参考ページはこちら→生活保護でも融資は使える?

生活保護になれば当然年金でも担保には出来ましたが、消費者金融はさすがに借り入れできなくなってしまいますし自由度も大きく損なわれてしまいます。ですから年金を担保にして借り入れをするのであれば、消費者金融への返済はしっかりと行うようにしてください。

今の時代はなかなか消費者金融なしの年金だけでの生活というのは厳しいでしょうから、工夫する必要はあるでしょうね。

年金でも消費者金融でのキャッシングが利用できます

退職後、年金を頼りに暮らしているけれど、金銭的に余裕が欲しいとお考えの方も多いのではないでしょうか。お孫さんの誕生日、老人会の旅行企画、日頃お世話になっている方への贈り物、自分へのご褒美など、年に数回は少し贅沢してみたいものですね。しかし、年金は毎月決まった額しかなく、前借りはできません。今になっての再雇用は身体への負担も大きく、リスクが高い。そんな方でも、消費者金融でキャッシングを利用数ことが可能なんです。

あまり知られていませんが、年金でも消費者金融でキャッシングを利用することが可能な会社は存在します。すべての会社ではなく、まだ多くはありませんが年金を決まった収入とみなし、返済能力があると判断してくれる会社もあるのです。これは、総量規制対象外という仕組みを使用したもので、学生や専業主婦などの決まった収入がない人でも利用可能なキャッシングです。借入限度額は会社にもよりますが、30万円程度であまり多くありませんが。しかし、旅行や贈り物などの自己資金の足しにするなら充分な額ですし、返済のことを考えれば妥当だと考えられます。

このようなキャッシングに新規で入会申込をする際、気をつけなくてはならないことが2つあります。まず一つ目は、申込時のご自身の年齢です。消費者金融会社や銀行では普通申込者に年齢制限が設けられています。制限される年齢は会社によってさまざまですので、事前に調べておくようにしましょう。

二つ目は、前年度の収入です。法改正により、銀行や消費者金融では融資対象者の前年の収入の三分の一以上の金額を貸し付けることができなくなっています。そのため、前年の収入が0円の人には貸付けができません。今年度から受給開始した方や、受給までの待機期間中の方で、前年無職だった方はキャッシングの利用はできませんので、お気を付けください。

年齢と前年度の収入さえクリアすれば、さほど厳しい審査なしにキャッシングは可能です。お気軽にお申し込みください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.