年金生活者向けに貸してくれる消費者金融はありますか?

年金を受給しています。家の修理に貯金を使いますが、全部使ってしまうのが怖いため、消費者金融で借金を申込みたいかと思います。年金生活者向けに貸してくれるところはありますか?

年金生活者に貸してくれるのは銀行のカードローンです!

消費者金融では年収の1/3の総量規制というのがあり、さらに基本年金は差し押さえできない収入ですので、基本消費者金融では年金生活者向けには融資は行っていません。

総量規制の対象外である銀行ローンでいくつか年金受給者に貸してくれるという話があります。

ただ、一番に上がってくる三菱東京UFJ銀行のバンクイックですが、借入できる年齢制限が65歳までとなっており、以前の年金制度や繰り上げ受給の人は利用できるかもしれませんが、普通に65歳から受給を始めた人は融資をうけられないと考えた方がよいでしょう。

対して新生銀行のレイクは70歳まで借入可能で、総量規制の対象外の銀行融資。年金生活者の人も借りやすい形となっています。

その他お金を借りる方法としては公的機関が行っている年金担保融資があります、それは信用金庫等金融機関で受付をやっているところもありますので、金融機関に聞いてみましょう。

ちなみに普通の金融機関の融資で年金を担保にとる事はできません。

あとは、持ち家があるとのことでしたら、リバースモーゲージという形の融資も良いです。持ち家や土地を担保に亡くなるまでは利息だけ払って住み続けられ、その後は一括して家と土地で返済するという形式です。これなら子供達に負債を残さずにすみます。

年金を担保にとか、通帳を差し押さえる金融機関が昔話題になりましたが、根本的に違法な闇金融です。ひっかからないように気をつけましょう!

年金生活者向けの消費者金融とはどういったもの

仕事をしているときにはそれほど気にならなくても、定年退職をして仕事による収入がなくなると、お金の使い方を考えなければなりません。それは収入源が限られてしまうからです。60歳で定年退職をして、原則的には65歳から年金を受給することになります。年金といっても、国民年金だけの人では毎月数万円、厚生年金や共済年金の人ではある程度の年金を受け取ることができますが、現役のころよりもかなり生活が厳しくなることは確かです。ですから、無駄遣いをしないように心がけ、若いうちから貯蓄をしておくのがいいでしょう。

しかしながら、生活スタイルを変えることができずにお金を使っていると、お金が足りなくなることもあります。そのような時にはどうすればいいのでしょうか。60代くらいでは、まだ働くことが可能だったりするので、アルバイトをしたりして収入を得てもいいでしょう。それができないときには、消費者金融から借り入れるといった方法もあります。通常、60代くらいでは、働ける可能性があったり、年金を受給して一定額の収入があるように見なされて、意外にも年金生活者向けに消費者金融会社での借入をすることができるのです。これが70代になるとかなり厳しくなります

申込は簡単です。パソコンが苦手な人が多いので、電話での申し込みも可能になっています。申込をしたら、すぐ審査、そして融資といった流れになります。高齢者になると、病院にかかることも多くなり、医療費や入院費、そして孫へのちょっとしたお小遣いなど、いろいろなところで使う用事もあるのです。また、パチンコやお酒に使うような人もいるので、計画的に使っていかないとあとあと生活を圧迫することになるのです。(参考ページはこちら→計画性の無い融資は自分の首を絞めます

なるべくなら、他からお金を借りることなく生活をしていきたいものですが、どうしても困った時には消費者金融を頼るのも一つの方法です。しかし、借り入れをしたら、返済もしなければならないのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.