事業資金を消費者金融で借りるのはどう?

キャッシングベスト3

事業会社向け資金を消費者金融で借りるのは無し?

事業及び会社向け資金を消費者金融で借りるのって、やっぱり融資に詳しい人からすると無しって感じなのでしょうか?

以前勤めていた会社が人を道具としか見ないようなところなので、有志を募って一緒に会社を起こすことにしたんです。私は一応その代表者となり、小規模ながらも今は会社を何とか維持する事が出来ています。今はインターネットを活用すれば生産や販売まで低コストかつ簡単に行えるようになっていますので、少人数の会社と言えど事業はさほど先行きは暗くありません。

しかしながら、個人のようにお金を手軽に借りて会社のお金を補填できたら…という事は良く考えています。いくら比較的順調とは言っても、小さな会社という事でいつ何が起きるかというのは予想できません。大企業ですら倒産があり得る昨今においては、融資方法を用意しておく事は有効である…そう考えています。

でも、会社や事業目的で消費者金融からお金を借りるというのは、あまり耳にしませんよね?そうなると、やっぱりそういう目線で言えば無しな判断なのでしょうか。まだまだ経営者としては未熟極まりないので、どうか教えて下さい。

事業者プランをチョイスすれば無いとは言えません

会社でお金を借りるというのなら、やっぱり基本は銀行とのやり取りというイメージが強いですね。或いは日本政策金融公庫みたいなところと相談したり…というのがスタンダードであるのは否めません。そもそも消費者金融というのは名前の通り、消費者という個人単位への貸し付けをメインとして営業しています。個人と法人というのはお金の借入額も用途も大きく違うので、それゆえに分かれた存在となっていると考えればしっくり来るかもしれません。

しかし、それなら銀行が企業特化の融資を行っているかといえば、そうでもありません。銀行からすると個人とて貴重な顧客であるのは間違いありません。消費者金融も同様に、企業を全く相手にしていないというわけではありませんので、消費者金融を会社でも利用するというのは間違っているわけではありません。

ただ、消費者金融の通常のカードローンの場合は事業用途でお金を使うことはできません。ならどうするかと言うと、事業用途でも使える専用プランを選べば良いのです。消費者金融の中には事業者向けに別途融資プランを用意してくれるので、そちらで相談してみましょう。消費者金融の素早い審査を事業用途の融資に活かす事ができます。

ただ、消費者金融という事で借りられる額や金利にて銀行に劣る可能性も否定できません。時間に余裕があれば、銀行にするかどうするかも併せて検討しておきたいですね。(参考ページはこちら→消費者金融と銀行の違いを把握してから借りる方を選ぼう

【参考ページ】
事業者が消費者金融等から融資を受ける事について

個人以外にも事業会社向け消費者金融があるのを知っていますか?

消費者金融というと個人向けが一番多いとされていますが、これも一般の人の目に触れることが多いからだといえるでしょう。しかし、個人だけはなく、事業会社向けの消費者金融も存在しています。

お金を借りるときは、銀行から借りると、一番安く済みます。ところが事業会社など、通常の商売を行っている場合、信用度が低いとされると、そう簡単に銀行がお金を貸さないことがあります。そこで、金利は少し高くなりますが、事業会社向けの消費者金融を利用すればいいというわけです。

事業会社向けのフリーローンということになり、利用限度額が個人向けのものよりもはるかに高くなります。何百万円といった金額は通常のことで、よくある総量規制の対象にもなっていませんので、必要なときに必要な資金を調達するのにとても便利なフリーローンになっています。
(⇒総量規制による制限について

個人向けと違う点は、金額の多さになりますが、利用限度額が多いとそれだけ信用があるとみなされますので、金利も低くなることは当然です。また、審査は書類を提出して行うことがほとんどで、即日融資は少し難しくなります。さらに連帯保証人を必要とすることがあります。これも利用する金額の多さによって、信用度を補完するような形で求められることがあるようです。連帯保証人をお願いする場合は、自分の事業が倒産した場合には、その債務がのしかかることになります。ですから、連帯保証人をお願いするときには、十分気をつけるようにしてください。

事業会社向けの消費者金融では、返済方式は元金一括返済方式が多くなっています。個人向け消費者金融と同じように利息は毎月支払います。金利が高いけれど、審査のスピードは銀行よりも早いため、審査に落ちるかもしれないと悩んでいる人や早く資金を借りて安心したいという場合には、事業会社向けのフリーローンを利用するといいでしょう。同じお金を借りる方法であっても、それぞれの利用ニーズに合わせた借り方ができるようになっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.