個人事業主でも使える消費者金融の評判は?

キャッシングベスト3

個人事業主でも使うことが出来る消費者金融の評判は?

個人で事業をやっています。正直言って、お客様の支払いが5日後なのですが、特に、明後日の家賃の払い込みが出来るほど、残高がないのが実際のところです。今までならば、この5日間は、せめて家賃の分は消費者金融で借りて乗り切っていたのですが、総量規制だとか何とかで、お金を貸してくれないことが多くなりました。

そして調べたところ、個人事業者向けのローンというのを行っている消費者金融がある事が分かりました。個人事業者だと条件付けられて、お金を借りるというのは、少し抵抗があるのですが、どうなのでしょうか?

まず、銀行の事業者向けのローンに頼ろうと思うわよね

金利が低くて魅力的だけども、結果が出るまでにはちょっと時間がかかってしまうわね。売り上げが入ってくるまでの数日間のつなぎがなくて、大変な思いをする羽目になる例は珍しくないわよね。

とある大手の消費者金融が行っている、個人事業主を対象にしたサポートプランの場合、何と言っても事業ローンカードを持っていれば、即融資が下りることが長所だと言えるわね。しかも、このカードの申込にあたって必要なのが、その人の身分証明と確定申告書と所定の事業内容確認書類だけだというのも魅力的よね。(参考ページはこちら→融資申し込みで必要になる物を事前に用意しよう

だから、いつでもお金を借りる事が出来るというこのカードを持っていれば、突発的な資金難にも、焦ることが無いわね。確かに、銀行のローンと比べたならば、年利は高く付くけれども、利息は利用日数の日割り計算だから、収入があった時点で、出来るだけ早く返済をした方が良いわ。

個人事業主は消費者金融から借り入れしにくいと言う評判は本当か

個人事業主が消費者金融から借り入れをするのは、非常に難しいなどと言う評判があります。それは本当でしょうか。もし本当ならば、実際のところはサラリーマンよりも稼いでいても、個人事業主という立場だけで審査に落とされると言うことでしょうか。

消費者金融が何を重視して貸付を行っているか見てみます。消費者金融は、収入の安定性を最も大切にしています。彼らにとっての収入源は、返済に伴う利息だけなので、返済能力がないと判断される人については、貸付を行わないのです。安定収入が一番大事な要素なわけですから、その収入の額は二の次ということになります。毎月20万円の収入が約束されている人と、今月は100万円だけど来月は10万円しか入る予定のない人とでは、前者のほうがたとえ年収が低かったとしても、借入れには有利になると言う仕組みなのです。(参考ページはこちら→安定した仕事なら消費者金融はすぐにお金を貸してくれます

だからこそ、アルバイト学生やパート主婦なども借り入れができると言うことになります。つまり、アルバイト学生は、たとえ収入が低かったとしても、低いなりの収入の安定性があります。パート主婦もしかりです。この観点に立った時に、個人事業主は不利になることが分かります。安定性という意味では、景気の影響を直接受けてしまう個人経営者は、信用力が低くなるのです。

とはいえ、実際のところは、ほとんどの場合が借入れは可能になっています。個人事業主が借入れしにくいと言うのは、その身分のせいではなくて、安定収入を保証する客観的な証拠を提出しづらいのが理由です。つまり、安定収入を証明する公的書類さえ整えれば、借り入れは可能となります。所得証明などです。サラリーマンと違って会社名を聞いただけでは収入が想像的ないのですから、貸し付ける側にとってみれば、当然の発想です。

安定収入が証明できれば、消費者金融は例え個人事業主であったとしても、喜んでお金を貸します。一人でも多くの顧客が欲しいのですから、当たり前です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.