自営業の金融機関の審査の厳しさを聞きたい

キャッシングベスト3

自営業や自宅・在宅ワーカーは消費者金融の審査が厳しいですか?

父が自営業で、私は在宅ワーカーとして働いています。母は専業主婦なので、おそらく審査には通らないでしょう。そう遠くない将来に、大きな買い物を使用という計画があります。

その際に、自営業・在宅ワーカーは消費者金融の審査が厳しくなるのでしょうか?また、借りられる方法等もありましたらそれはどのような方法でしょうか?

審査は厳しいですが、全く可能性が無い訳ではありません

一般に、自営業者や在宅ワーカーは消費者金融からお金が借りにくいのは事実です。しかし、よく考えてみると分かると思いますが、「お金を貸す事」がメインの消費者金融業界では「差別化」が難しいというのも事実なのです。貸す事によってのみ利息(利益)を得るので、彼らは「とにかく貸したい」のです。従って、自営業や在宅ワーカーでも借りられる消費者金融はあるのです。

まず、自営業者ならば、比較的な有名な金融機関でも審査が通り易い企業がいくつか存在します。先の「差別化」に加え、独自の審査基準を儲けていることが主な理由です。また、在宅ワーカーはよほど有名でない限りは、審査が大変厳しいので、派遣登録などをしてアルバイターとして活動していくのも手です。派遣会社に連絡が行き、その会社に所属している旨が消費者金融サイドに伝われば、もっと幅広い企業で審査が通り易くなる傾向があります。

また、一般に自営業や在宅ワーカーが消費者金融に不向きなのは、消費者金融に不向きなのは売り上げ・収入の浮き沈みが激しいことが挙げられます。従って、安定した収益があるならばそれを記録して面接時に提出したり、在宅ワーカーならば個人事業主として登記するのも審査を通り易くするコツです。

自宅で自営業を営んでいるけど、消費者金融の審査は不利になる?

お金に困ったときに頼れるのが、消費者金融や銀行などの金融機関です。ただし、どのような人物でもお金を貸してもらえるわけではありません。それぞれの機関が行う審査に通ることが、融資をうける条件となるのです。
(⇒銀行か消費者金融かならどちらから借りる?

なぜ、お金を貸すことを仕事としている金融機関がすべての人にお金を貸してくれないのかと疑問に感じる人もいるかもしれません。しかし、審査を行うことは貸し倒れのリスクを低減する意味で、金融機関にとっては非常に重要なステップになるのです。もしも金融機関が審査を行わずに、誰にでも無条件でお金を貸してしまったら、多額のお金を借りたまま踏み倒す人がいた場合、大きな損害を被ることになってしまいます。そのため、審査を行うことにより、申込者がお金を貸してもきちんと返してくれる、信頼のおける人物かどうかを判断し、条件をクリアした人のみ融資が可能になるのです。

この審査において重要なのは、返済能力の有無です。定職についており、安定した収入が毎月得られている人物の場合、過去に金融事故を起こしている場合を除き、審査は有利に進みます。このように、安定性を重視するため、個人の裁量により毎月の収入にバラつきがでる自営業や個人事業主よりも、会社に勤めており、決まった日にちに決まった金額が給料として振込まれるサラリーマンの方が審査においては有利になります。また、借家よりも持ち家、勤続年数が短いよりも長い方が、安定性は高いと判断されます。(参考ページはこちら→もっとも融資の審査に向いている職業とは?

また、正社員でなくても、ある程度勤続年数が長いアルバイトやパートの場合、毎月安定して、一定の収入を得られているため、審査に通る可能性はあがります。反対に、無職で収入がゼロ、という場合、審査に通ることは困難です。同じく収入がゼロの専業主婦は、夫が大企業に勤めており、高収入を得ているケースでは、審査に通る可能性もあります。

また、安定している勤務先に勤めていると嘘をついて審査に通ることはできません。なぜなら審査は、膨大な情報を元に行われいるからです。また、在籍確認のために自宅や職場へ担当者から電話で連絡が入るため、嘘をついたことはすぐに発覚してしまうのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.