自営業は消費者金融は借りる事ができるか?

キャッシングベスト3

自営業苦しい時に消費者金融は利用できますか?

自営業をしています。経営が苦しいのです。銀行は審査が厳しいので、消費者金融を利用したいと考えています。利用できるでしょうか?

苦しい時だと審査が通らない可能性があります

自営業で経営をされていると、何かと資金繰りでお金を借りる必要が出てくるのはよくある話かと思います。

そのあたり給与をもらっているサラリーマンや、OLさんには理解してもらえないと友人も嘆いておりましたが。

銀行等で運転資金を借りる事はあるかと思います。ですが自営業者ですと収入が不安定なため、サラリーマンより審査を厳しく感じるかと思います。また、事業としての資金繰りは、個人のキャッシングとはケタが違います。総量規制等がかかれば仕事も回らなくなります。

ですが、消費者金融のビジネスローンは総量規制の対象外となっているのです。(参考ページはこちら→通常の融資に発生する総量規制について

保証人、担保等不要という形で、ある程度まとまったお金を借りる事は確かにできます。ですが、ある程度の額になれば収入を証明するもの、納税証明や確定申告書の写しが必要となってきます。

そこで苦しい経営、赤字であった場合、貸してくれる可能性は低くなります。

つまり苦しくなってからローンを申し込むのではなく、前もって不測の事態に備えておくのがいいかと思います。

銀行のビジネスローンもありますが、金利か安い代わりに完済までの期間設定が消費者金融より短かったり、連帯保証人が要る場合もあります。どちらにしても苦しくなってからでは難しいので、そこはよく見比べて早めに検討してみてくださいね。

消費者金融の借入は自営業者の生活が苦しい時に大きな助けとなる

日頃の生活の中では何かとまとまった額の出費が舞い込んでくるものです。家賃や生活費、子供の養育費に家族揃ってのリクリエーション費、さらにはブランド物の購入や趣味の充実、友人との飲み会などに至るまで、実に様々な局面でお金は必要となってきます。
(⇒こんなケースにも嬉しいカードローン

特に自営業者にとっては月々の実入りもその成果によって大きく異なってくることから、もしも事業が赤字に転じてしまった時には、資金繰りの面でも、もちろん自分の生活を立ち行かせる面でも多少の融資が必要となってきます。そういった苦しい時に親や友人からの援助に頼るという方法もあるにはあるでしょう。しかしそれが常態化してしまうと互いの関係性も悪化しかねません。そんな事態を出来るだけ避けるためにも消費者金融で手軽にカードローンによる融資を受けることは最適の方法と言えるのではないでしょうか。(参考ページはこちら→自営業者にもおすすめの融資方法について

かつての消費者金融ならば、その多くは安定した収入のあるサラリーマンにターゲットを絞っていて、収入の安定しない自営業者の借り入れは条件が厳しくなる場合が見られました。しかしながら最近では消費傾向の多様化によってその利用者層も実に幅広く展開するようになっており、自営業者も不自由無く借り入れが行えています。

カードローンの申し込みにあたっては、まずウェブや電話や自動契約機などで手続きを行います。申請フォームに氏名、年齢、職業、勤務先、年収などの個人情報を記載し、消費者金融側の担当者がそれらを精査することにより当人の経済力や返済能力を算出します。自営業者の場合、ボーナスが無いなどの事情によってサラリーマンや公務員などに比べて年収が少ないことも考えられるでしょう。そうした評価ポイントも含めて消費者金融側が独自に定めた基準に従って融資限度額などが設定されることになります

もしもこの限度額が少ない場合でも、実際の借り入れ期間の中で融資の利用と完済を地道に繰り返していく事で信用度が増し、それが年々の限度額アップに繋がっていく場合も多々あります。その意味でも自営業者にとって消費者金融の借り入れは大変使い勝手の良い便利なものと言えるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.