経営者は消費者金融でもやっぱり有利なの?

キャッシングベスト3

経営者になるとやっぱり消費者金融の対応も変わる?

合コンや婚活パーティーでも人気の経営者ですが、経営者というのは女性に人気であるだけではなく、実は消費者金融にも人気だというのを聞きました。消費者金融としては借り入れをしてくれるのがお金持ちであればあるほどありがたいはずですので、やっぱり経営者が申し込みをしたバイは一般的な社員が申し込みをした場合よりも良い反応を示すものなのでしょうか。

経営者と行ってもピンからキリまであるので反応は様々

経営者という言葉から推測されることは多くの人はお金持ちの社長、というような感じかもしれませんが世の中そうではありません。一人で運営している人もいますし、会社の調子があまり良くないという人もいます。決して儲かっている人たちばかりではありませんので経営者と行っても消費者金融の反応は良い物ばかりではありません。
(⇒小規模な経営者と言える個人事業主は融資審査に不利?

もちろん消費者金融の反応が良くなることもあります。それは会社経営者であるということを言うだけではなく、現在の売上規模や利益などを話して良好であるという判断を受けてからのことです。良好であるという判断を受ければ、消費者金融の反応は良くなり、貸出金額なども多くなるでしょう。それこそ極度額いっぱいまで借り入れできる可能性もあります。

逆に売上がほとんどないであるとか芳しくない場合にはやっぱり消費者金融側は貸し渋ることになります。貸したいと思っても返済される可能性が低い人は経営者でも多いですから、そういう時は下手をすればパート・アルバイト並みの信用しかなかったり、銀行系カードローンだったら借り入れそのものができなくなるということもあるでしょう。
(⇒パートだと融資を受けるのは難しい?

結局経営者という職業を書いたとしても、それが確実に有利に進むというものではないということです。経営者であっても借り入れが難しい人もいれば楽々借り入れをすることもでき、しかもたくさんのお金を借りることが出来る人もいるのです。これは同じ正社員であっても給料や安定性の違いから借り入れできる金額も違ってくるケースと同じです。

意外に消費者金融の借り入れという点においては経営者も一般従業員もそこまで違いはないのです。

経営者は消費者金融から借りにくいというのは、本当ですか?

中小企業の経営者は、時代の景気の動きによって、その売り上げや収入が大きく上下します。そのため、景気が良い時は上場企業のサラリーマンなどをはるかにしのぐ年収となりますが、景気が悪くなると、マイナスといった年もあるのです。非常に厳しい仕事です。

そうした理由からでしょうか、経営者は消費者金融などからお金を借りる際には不利になると、よく言われます。しかし、一生を通してみれば、決してサラリーマンよりも年収が低いとも言えず、場合によっては裕福な生活を送っている人もいます。なぜ経営者は金融機関の借り入れが不利だと言われるのでしょうか。

実は、消費者金融や銀行などのカードローンは、収入の高さではなく、収入の安定性を最も重視しているからです。たとえば、上場企業のサラリーマンと公務員とを比べた場合、ともすると前者のほうが年収は倍くらいあります。しかし、上場企業とはいえ、民間企業ですから、その業績のいかんによっては給与が上下しますし、また景気の影響もうけるでしょう。それに対して、公務員は、景気がよかろうが悪かろうが、入ってくる収入は予定されています。また、特に問題を起こさない限り、終身雇用が原則です。高額な退職金も手に入ります。これらの収入は、すべて予定されたもの、約束されたものと言えるのです。(参考ページはこちら→公務員は融資審査で圧倒的有利?

ということは、収入の安定性という観点だけを切り取ってみてみれば、公務員の安定性は抜群と言えるでしょう。この発想で考えると、経営者が消費者金融では不利と言われる理由もわかるでしょう。安定性がないからなのです。しかし、月々の収入の安定性がないとはいえ、年間で通してみれば実に安定した自営業者などもいます。そうした場合は、自分の安定収入を証明するための所得証明を提出すれば、説得力が増すでしょう。

なお、消費者金融は、時には経営者に対し、所得証明の提出を求めてくることがあります。サラリーマンなどと違って、会社名を聞いただけでは安定収入があるかどうかわからないからです。こうした手続きの煩雑さも、借りにくいと言われる根拠になっているようです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.