消費者金融で内職の人は同評価される?

キャッシングベスト3

内職をしている人でも消費者金融の審査に通りますか?

消費者金融の審査は厳しくてパート・アルバイトでも通らない、というようなことも言われたりしています。パート・アルバイトでも通らない場合があるんだったら、内職をしているような場合でも通らないでしょうか。仕事に出られない時は内職で何とか食べていっているわけですが、やっぱり厳しいですか?

内職でも自営業と同じ評価が低いが借り入れ自体はできる

消費者金融の業者にもよりますが、自営業と同じような評価をしてもらえるので、自営業が借り入れできるレベルのお金ならば可能でしょう。つまり内職で稼いでいる人は自営業者として、パート・アルバイト並の信用というようになって、借り入れについてもあまり大きな額ではないですけれども可能だということです。

借入金額が大きいようなところを探して借りたい、というのであればちょっと内職では厳しいと思います。自営業でもそうですが、どうしても借入金額についての制限というものがあるところが多いからです。安定していない収入のために、正社員と同じ金額を貸してくれるところはなかなかありません。よほど大きな金額を稼いでいる人であれば別なのですが。

消費者金融以外にも銀行系カードローンを使うほうが結果的には借入金額が大きくなる可能性があります。銀行系カードローンではそういった信用の低い人たち向けの貸出というものを、他の商品を使って行っていたりしますので、それらを使うといいでしょう。もちろん借り入れできる金額の上限はありますが審査も通りやすいですし金利も低めになっている事が多いです。

内職をして仕事をしている人は日本でも少なくないと思います。最近は特にインターネットも出来ましたし、内職をしやすい時代になったなと思います。そう考えるとインターネットで内職の仕事を探して、そして仕事をして給料を稼ぐならば、ほとんど自営業者と変わらないようなものでしょう。

ですので自営業と同じ、という評価をしてくれるところが業者でも多くなるかと思います。内職をしていて稼ぎもそんなに多くないから借り入れは無理…と考えるのはちょっと時期尚早と言えるでしょう。

【参考ページ】
パートやバイトでも融資が使えるのは収入の有無が関係している

内職で生計を立てている人でも簡単に消費者金融から借入できます

内職で生計を立てている人でも消費者金融からお金を借りれます。もちろん、闇金などの悪徳な会社ではなく、まともな消費者金融から借りることが出来ます。一般的に内職だと消費者金融から借入することが難しいと思われがちですが、ポイントになることは収入証明を用意できるかどうかです。

収入証明とは源泉徴収か給与明細を用意することが基本ですが、内職の場合にこうした書類を用意できないなら確定申告を用意すれば大丈夫です。簡単な話、お金を借りるために書類から自分の所得を証明すればよいだけです。後は審査を受ける中で、申込者の収入をチェックされて融資出来るかどうかが決まることになります。
(⇒金融業者から借りる為に必要な書類とは

手順としてポイントを紹介すると、最初は収入証明を出せるかどうかで選ぶべき会社が変わります。ほとんどの消費者金融は収入証明が必要ですが、バンク系なら不要でも申し込めます。次のポイントは収入証明を出せる場合は後は収入次第で審査の結果待ちとなり、収入証明を出せない人は収入証明不要の会社へ申し込んで審査は簡単合格できます。

どうして収入証明不要なら簡単合格なのか?それは収入証明がないので審査で収入が問われないからです。しかし、これはあくまでも収入があることが前提とされていることが多いので、事前に在籍確認が行われるケースが多いです。内職の場合は自宅が職場となるので、在籍確認されるなら自宅へ連絡が来ます。また、収入が安定しているかどうか微妙と判断されると収入証明不要でも必要と判断されることもあります。

最悪の場合、内職の人は消費者金融を諦めると良いです。銀行なら多くの会社で収入証明不要のカードローンが存在するため、自分が口座を開設している銀行をチェックしてみるなどすれば、簡単にお金を借りれる銀行を見つけることが出来ます。専業主婦でも簡単に借りれる銀行が多い中、収入がある人なら本当に簡単に借りれるので最終的に借り先が見つからなければ銀行から探せば解決です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.