新卒が消費者金融を使う上での注意点

キャッシングベスト3

新卒で消費者金融からお金を借りる上での注意点が聞きたいです

新卒なりたて一ヶ月目です。最初の数ヶ月の間は仕事らしい仕事はしないという事もあって、工場勤務ながらも雑用メインとなっています。雑用も大事だとは思いますが、やっぱりやり甲斐のことも考えると、早く根幹部分の作業を担当したいと考えてしまいます。焦るだけでは解決しないって分かっているつもりなんですけどね。

仕事の事はとりあえず置いておいて、今回は消費者金融の利用に関する質問です。新卒で消費者金融を利用する場合ですと、何か注意点はありますか?私は今まで当然ながらお金を借りた事はありません。両親に小遣いの前借りをした事は何度かありますが、それとはワケが違いますしね。きちんと用法を守らないと、人生が終わってしまうこともあると聞いています。大げさとは思いつつも、お金を借りるというのはそういう事だと思いますし。

特に、新卒の場合は世の中のことを知らないと良く言われますので、注意点があればそれをしっかりと頭にたたき込んで、手堅く融資を受けたいです。よろしく教えて下さい。

新卒以外もそうですが、使いすぎが一番危ないですね

新卒でまた一年も経っていないというと、確かに仕事の事も社会のことも分かんないと思うっす。それを素直に受け入れられない人も多いんすけど、質問者さんの場合はしっかりと向き合っているみたいで、かなりご立派だと思うっすよ。社会のことを深く知ると色々と嫌な面も見えてくるっすけど、それは世の中を生きる上で絶対に欠かせないっすからね。

融資っていうのは仰るとおり、お金を扱うものだから注意が必要っていうのは事実っす。で、新卒だから気をつけるべき事っていうと…実は、新卒でも手慣れた人であっても、気をつけるべき事はほぼ共通しているっす。ある意味では、すっかり融資に慣れたと思い込む頃が一番危ない事もあるっすから、むしろ新卒の方が安全に使う意識が高い場合もあるっす。それでも、特に新卒について注意すべき事って言えば、やっぱり使いすぎの防止っすね。(参考ページはこちら→消費者金融を使いすぎるとどうなる?

使いすぎっていうのは、もうそのままの意味っす。消費者金融でお金を借りるなら、確実にカードローンになると思うっす。それ以外の融資方法もあるけど、現金を借りるならこれが一番手間が少ないっすからね。で、カードでお金を借りるというのは、銀行のキャッシュカード感覚で操作できるっす。これが便利なわけっすけど、銀行口座のように…という部分に注目っす。
(⇒色んな場所で手軽にカードローンは使えます

カードローンってあまりにも手軽過ぎるおかげで、お金を借りているという意識が薄れやすいんすよ。つまりは自分のお金感覚で使ってしまって、そうなると使いすぎが起きやすいって事になるっすよね?使いすぎても払えるならまだしも、払えずに記録に残ってしまえば、社会人になって早々から後の生活に悪影響を残す事になるっす。これは避けたいっすよね?

だから、消費者金融を使うなら使いすぎは絶対に起こさないと覚悟して、しっかりと自己管理をするっすよ。新卒で消費者金融を頼って早々ブラックリストなんて、笑えないくらい不便っすからね…。

新卒で消費者金融で借りることができるのか

新卒で会社に入社したばかりの人は、消費者金融でお金を借りることができるのでしょうか。消費者金融で借り入れをするときは、返済能力があるかどうかが審査されるので、安定した収入がなければいけません。新卒でもこれから安定した収入を望むことができれば、借り入れは問題なく受けることができるのではないかと思っている人も多いのではないでしょうか。

消費者金融には、総量規制という法律が適用されるようになってから、年収の3分の1までしか借り入れを受けることができないようになりました。そのため、消費者金融から借り入れを受けるときは、収入が証明できる収入証明書が必要になります。収入証明書として使用できる書類は、最新の源泉徴収票、給与明細書、市民税、県民税決定通知書、課税証明書、所得証明書などになります。新卒であれば、これらの収入証明を提出することができないので、借り入れができない場合が多いです。審査の基準は、会社によって異なりますが、収入証明書が提出できない場合は、借り入れができないと思っておいたほうが良いかもしれません。

しかし、どうしても借り入れが必要な場合は、総量規制が適用されない銀行や銀行系の会社に申し込みをしてみてはいかがでしょうか。銀行や銀行系の会社は、審査が厳しいと言われていますが、安定した収入があれば借り入れができるので、安定した収入があるということを証明することができれば、審査に問題なく通り、借り入れを利用することができるかもしれません。しかし、学生の頃に借り入れを利用していて、まだ返済できていない場合などは、その分をきちんと返済してからでなければ借り入れを受けることができない場合があるので注意が必要です。

また、新卒でも、就職ができず無職の状態やアルバイトをしている場合も、もちろん消費者金融で借り入れを受けることはできません。この場合、銀行系の会社でも借り入れができない場合が多いです。
(⇒アルバイトだけでは融資は不可能?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.