お金が惜しいなら信用度を上げましょう

キャッシングベスト3

さしあたってお金欲しいのですが働きたくないのです

高校を中退してニート生活の25歳の男性です。人付き合いが苦手で何度も仕事を変わりました。就職しても理不尽な扱いを受けて人間不信になっています。世の中に対しても不信感があります。だから働くのが馬鹿馬鹿しくて働く気が起きません。でも、お金はほしくてたまりません。一時的にでもいいからお金を貸してくれる方法はあるのでしょうか!

基本的に貴方の信用をあげないと無理です

まずお金を貸してくれる方法と言えば、カードローンによるキャッシングでしょうが、キャッシングは信用貸しです。それは、カード会社が、貴方にお金を貸しても、ちゃんと返して貰えると「信用」してくれた場合、貸してくれます。その信用とは、まずは、安定した収入がある事も信用される大事な要素です。アルバイトでも同じです。また、貴方の生活環境や条件が違えば貴方に対する信用の度合いも違って来ます。

そして、信用は貴方個人だけでなく貴方を取り巻く環境も貴方の信用に加える事が出来ます。たとえば貴方に親がいれば親の財産も、貴方の返済を保証してくれるなら信用になります。また、専業主婦の場合のご主人の同意というのも大きな信用になります。ですから、貴方に一つでも貸してもらえるに値する信用があれば審査を受けて通れば貸してもらえます。

でも、たとえば、両親がいて、その両親と同居していたりして保障が得られるのなら貸してもらえるでしょうが、やはり、いつまでも両親は生きていないと思います。まずは、アルバイトでもいいので、少なくても収入を得る努力をされた方がいいと思いますよ。

お金欲しいならカードローン…でも働きたくないなら借りれない?

不景気の世の中では、ちゃんと仕事をしていてもお金に困ることはよくあります。まして、様々な事情で無職の場合なら尚更でしょう。やむを得ない事情があるのであれば、公的資金などの利用も可能でしょうが、ほとんどの場合、ただ無職や休職中ではそうした援助は得られません。そのため、お金欲しいからとカードローンを考える人も多いでしょうが、残念ながら働いていない人はカードローンの利用は出来ません。

誰でも気軽に借りられるイメージのカードローンですが、唯一の条件が安定した収入があることです。その収入とは自分で働いて得たものでなくてはなりません。例えば専業主婦や年金生活の方などはカードローンに申し込むことは出来ないのです。例え同居家族に安定した収入があってもダメです。あくまでも本人が働いて収入を得ていなければお金は借りられません。

これは貸す側にしてみれば当然のことであり、返済能力の無い人には貸せないのは当たり前ですよね。ましてお金欲しいけど働きたくないという人なら論外です。お金欲しいならなおさら、まずはアルバイトでもパートでも良いので仕事をしましょう。そうすればカードローンも利用出来るようになります。バイトやパートをしていれば、学生や主婦、年金受給者でも申し込み可能なのです。もちろん休職中、就活中の方でも同様です。まさに働かざる者食うべからずですね。お金欲しい時はカードローンですが、働きたくない人は借りることが出来ないのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.