お金を貸す労金とは消費者金融のことですか

キャッシングベスト3

お金を貸してくれる労金って消費者金融のことなんでしょうか?

借金のことを調べると「労金」というものの存在を知りました。銀行とは違うので、消費者金融かなにかになるのでしょうか?全くの無知で申し訳ありません。お金を貸してくれる労金ってなに?どうぞ、ヨロシクお願いします。

労金は労働金庫のことで、消費者金融ではありません

カードローンやキャッシングをするのに利用できる機関で有名なものに、銀行、労金、消費者金融などがあります。人気の高い借金の仕方としてカードローンがあげられますが、これらは銀行や消費者金融がメインとして取り扱っているものになりますので、労金という機関に馴染みの薄い方もいらっしゃるかもしれません。
(⇒銀行と消費者金融で異なる融資タイプ

労金(労働金庫)とは、労働者の為に労働組合が作った機関になります。非営利団体になりますので、労金からの借金は利息がかなり低いのが魅力です。銀行融資は利息が低いと言われますが、消費者金融と比べて低いという意味です。金利面では、労金が一番低く、銀行、消費者金融の順番です。金利だけを考えると「労金」から借りるのが一番良いでしょう。
(⇒消費者金融でも低金利なところがある?

労金から借りる為には、審査を受ける必要があるのですが、この審査はかなり時間がかかってしまいます。申し込みを行なってから、その管轄内の労働組合に確認をしてからの審査になります。銀行や消費者金融のように、即日融資ということは絶対にありません。金利面では優れていますが、急ぎでお金が必要な時は労金は不便に感じてしまう人が多いでしょう。住宅ローンなどのような大きな金額をゆっくり借りる場合は労金は便利ですが、カードローンのように小額をさっと借りるような使い方はできません。

また、労金は金利の低さから人気が集中します。消費者金融のように、貸し手不足になる心配はありませんので、融資判断も強気な一面があります。審査のハードルも一番高いということは覚えておきましょう。

どのような借り方をしたいか、どれくらいの金額を借りたいか、状況によって一番ベストな借り入れ先は変わってくることでしょう。消費者金融のように気軽に申し込める場所を探されているようでしたら、労金のシステムは向いていませんので覚えておきましょう。

労金って消費者金融と比べてどこが良いのでしょうか

ATMへ出向き、カードを入れ暗証番号と金額を入力する。わずかこれだけの手順でお金を借りることができるのが現在社会なのです。(参考ページはこちら→コンビニのATMでも使える現代のカードローン

昨今の日本人は急な出費を強いられることも珍しくはありません。突発的な飲み会で、しかも奢らなければならないケースもあるでしょうし、知人の結婚式に出席するというケースもあるでしょう。万が一に備えて、いつでも用意できる現金は相違しておきたいものですよね。そんな万が一の備えとして、カードローンを契約する人が増えています

世の中に数多くの種類のあるカードローンですが、もしも自分が雇われているの労働者であるならば、労金のカードローンを利用するのが賢いと言えるでしょう。お金を借りると、言えば最も手軽な方法として挙げられるのが消費者金融の存在です。労金って消費者金融に比べてどのような点で勝っているのでしょうか。

そもそも労金というのは労働金庫の略称で、労働金庫というのは労働者のためにつくられた福祉金融機関のことをいいます。労金は非営利の金融機関であるため、必要以上の利益を出さない分、利用者に利益の還元を行っているのです。

労金って消費者金融との一番の違いは何なの、と訊かれれば、労金は非営利の福祉金融機関、消費者金融は営利目的の貸金業者と答えることになるでしょう。

労金のカードローンの金利は、最高でも年利10%以下となっているケースが殆どです。さらに積立預金を開始するなど、労金との取引内容によってはさらに金利を下げることも容易にできます。対して消費者金融の金利は、最高で年利18%となっているケースが殆どです。単純に金利面で考えても、労金のカードローンを利用するメリットは大いにあると言えるでしょう。

また、労金のカードローンならば他銀行のATMやコンビニATMなどでも利用することができるので、利便性の高さもストロングポイントの一つと言えるでしょう。いざというときにコンビニに駆け込んで利用できるカードローンは、持っていて心強いものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.