消費者金融「アップル」の特徴が知りたい

キャッシングベスト3

消費者金融の「アップル」という会社の特徴って何でしょうか?

叔父が消費者金融の株式会社アップルという会社からお金を借りていたことが、家庭内で口論の原因となったそうです。私は現場にいなかったので、何が話されてかは分かりません。

この「アップル」という会社はどのような消費者金融なのでしょうか?また、どのような特徴があるのでしょうか?

社名を数回変更している謎が多く、不透明な消費者金融です

2014年現在では、株式会社DFSという会社に名前が変更されている模様です。名古屋のアミューズメント系企業から貸金業と幅広く展開している企業です。また、公式HPが無い期間が多く、例え見られる状態でも、詳細なサービス・金利説明は電話の中のガイダンス以降でしか確認できないスタイルのようです。実際に確認してみると、消費者金融ではあり得ないレベルの金利が示されます。何かの理由があって安い金利を提示しているように判断できます。
(⇒消費者金融の金利は元来高いもの?

確認できる限りで、株式会社スイス、株式会社アップル、株式会社ドリームユース、そしてDFSと合計4回の名義変更をしています。登記も同時に変えている模様です。一般の企業では、ブランド名などを変えることはあっても、社名まで変えることはありません。大手企業で複数回社名を変えた企業はありませんよね。名前は会社にとっての「顔」だからです。とりわけ頻繁に社名を変えるのは何かの事情があってのことなのでしょう。

あまり良い噂・口コミも無いのが現状です。無論、操作も可能な口コミが全てとは言いませんが、事前情報を示すことがないのと、社名の複数回変更というのが特徴だということは、少し考えて入念な調査が必要な企業であることは間違いないと断言できます。質問者様の場合は、過去の話のようですが、まだ尾を引いているようならば、専門機関に連絡をしましょう。

【参考ページ】
出来れば安心できる消費者金融をチョイスしよう

消費者金融アップルならもしものときにも頼りになります

お金が足りない、今すぐでも必要だ、こんなケースは結構あるはずです。同じお金がないという人であっても、銀行預金にいくらか貯金があるという場合は、何とかなるかもしれません。しかし、給料日までまだ先だし、実は付き合いや家賃の支払いなどもあって、まとまったお金が欲しいという場合もあります。そんなときは消費者金融のキャッシングを利用するようにしましょう。(参考ページはこちら→消費者金融はどんな場合でも融資が利用できます

消費者金融のキャッシングを利用するときでも、今までの支払いがきちんとされていることが大前提です。携帯電話の割賦代金やクレジットカードのリボ払いも滞納なく毎月支払っている人ならすぐに消費者金融で新規申し込みをすれば借りることができるでしょう。

ただ、過去に延滞履歴があった場合は、要注意です。そう簡単にお金を借りることができなくなってしまいます。貸金業法が改正されてかなり経ちますが、年収の3分の1以上の借り入れをしている人も、それ以上のお金を借りることができないでしょう。そんなときは、消費者金融アップルに融資を申し込んでみましょう。アップルなら、年4.0%から年18.25%といった良心的な金利設定をしているにも関わらず、過去に任意整理をしたことがある人にもお金を貸してくれる可能性があります。ただ、任意整理や自己破産直後だと難しいとは思いますが、数年経っているなら借りることができるでしょう。これも絶対借りられるという意味ではないことに注意してください。
(⇒ブラックでも貸してくれる業者の特徴

アップルをはじめ、キャッシングの申し込み時には必ず審査があります。その審査の基準はその会社それぞれに設定されています。ですから、申し込んでみて初めてその審査基準に通ったか、通らなかったのかということがわかります。その中で銀行系の会社ではありませんが、過去を問わない消費者金融アップルの審査に通過できる確率は、大変高くなっているといえるでしょう。もちろん、最後はあなたのお金に関する信用度が一番ものをいいます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.