ちゃんと返済すれば悪影響はありません

キャッシングベスト3

キャッシングするとどんな悪影響があるのか知りたい

お金を借りるというのにあまりいいイメージを持っていないので、お聞きしたいのですが、もしキャッシングしたとして、どんな悪影響や、不利益があるのでしょうか?社会的な面、例えば職場での信用を無くすとか、勤務評定に響くとか、または金銭面でどんな不利益あがるのでしょうか?それ以外でも悪影響が出るとすればどのようなものがあるのでしょうか?

借りた分をちゃんと返済すれば悪影響はありません

まず悪影響という事ですけど、キャッシングと言うのは、個人の信用に対してお金を貸してくれる物です。ですから、借りたお金を約定(借りたお金を返すためのいろいろな約束事)どおりにちゃんと払って完済(借りた金額を期限内に全額返済する事)すれば、なんの悪影響も出ません。またお金を借りること自体で不利益はありませんし悪影響もありません。

それにキャッシングをしたからと言って、会社での勤務成績に関係はないですし、基本的にキャッシング会社と個人の契約ですので会社は関係ありません。金銭面での不利益で言うのなら金利分は損をすることになりますが、それは必要としている時に、必要なお金があって助かるというメリットの部分と、その分の利息を支払う事に、個人でどう思うかによって違います。ですから借りた分をちゃんと返せば、なんの悪影響もありません。ただし、借りたお金を返すのを後れたりすれば信用を落とします。そして支払いが大幅に遅れた。あるいは支払わないとなると悪影響は出るでしょう。でも、これは泥棒と同じですから、そういう事はやらなければいいだけです。

便利なキャッシングにも落とし穴が!気を付けたい悪影響とは?

キャッシングは今や当たり前になっていて、利用する人はどんどん増えています。それはスマホやパソコンから簡単にインターネットでの申し込みが出来るという気軽さが大きな理由でしょう。借り入れや返済もインターネットで可能ですし、コンビニのATMでいつでもどこででも出し入れが出来るので、大変便利です。消費者金融も明るくイメージアップされたので、お金を借りることへの後ろめたさもすっかり失くなったことも大きな理由ではないでしょうか。

しかし、こうした気軽で便利であるが故に、ついつい借り過ぎてしまうという悪影響もあります。キャッシングは限度額の範囲内で繰り返し借り入れ可能ですから、現在の借り入れを完済していなくても借りられますし、また月々の返済額も変わらないため、借り入れ額が多くなっていることに気付かずに、借り過ぎてしまうことは多いのです。気付いたら限度額いっぱいになってしまったという場合も少なくありません。

こうした悪影響を避けるためには、まず常に自分の利用状況を把握しておくことです。いくら簡単にコンビニで引き出せるからといって、借り入れが残っているのにどんどん借りてしまうのはやめましょう。出来ればキャッシングというのは、必要な分だけ少額を借り、出来るだけ早く完済してしまうのが上手な利用法です。完済しないうちに次々借りてしまうと、借り入れ額が多額になり、しかも借り入れ期間が長くなり、結果、利息の負担が大きくなってしまうのです。すると気付かないうちに返済不能に陥るといった悪影響を及ぼすわけですね。

ですから、しっかりと自分の利用状況を確認しながら、上手にキャッシングをすることで、悪影響を及ぼすことなく便利に利用することが出来るしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 《消費者金融》審査通りやすいのはこの業者だ!※専門情報 All Rights Reserved.